連載・みんな納得! のっけからC言語

第1回 開発ツールをインストールして初めてのCプログラムを動かす [2007年7月号掲載]

テキストエディタとコンパイラを用意する
Visual C++をインストールしよう
ソース・ファイルを作成してみよう
「Visual Studio 2005コマンドプロンプト」でVisual C++を操作する
コマンドプロンプトの基本操作を覚えよう
ハロー! C言語!
エラー・メッセージを読んでプログラムを直す

第2回 プログラムがあなたと対話する入出力機能を活用する [2007年8月号掲載]

ハローワールド・プログラムの三つのポイント
出力を行うprintf関数
ライブラリ関数を使うために準備する
main関数を作る
改行してる? していない?
手軽で強力な標準入出力
もう一つの出力
コラム 決まり切った動作が価値を持つこともある
コラム ビギナーの強い味方・標準入出力

第3回 プログラムが自ら動作を変える条件判断処理の書き方 [2007年9月号掲載]

プログラムに「判断する機能」を組み込む
if文:「もしも~ならば」を実現するカギ
条件を式として記述する
具体的に料金を表示するには
二つ以上の条件を分けるswitch
コラム 予測できない乱数列を使う方法
コラム switch文のbreakを書き忘れると?

第4回 短いプログラムで多くをこなす繰り返し文の活用 [2007年10月号掲載]

1から100までの数字を足す
「変数」に入れた値を変化させていく
繰り返し回数があらかじめわからないとき
前か後か,それが問題だ
好きなところで繰り返しを終わらせるbreak文
繰り返しのその回だけを終わらせるcontinue文

第5回 繰り返し処理の強力な相棒「配列」でデータをまとめて扱う [2007年11月号掲載]

文字は実は数値だった
文字を数値として扱う
文字列の終わりを表す「ナル文字」
コラム 文字や文字列を直接書く記法

第6回 実は横着者の味方だったポインタを楽々習得! [2007年12月号掲載]

配列にポインタでアクセス!
手順1:ポインタの使用準備
手順2:ポインタが指し示す対象の移動
長いよ! もっと短く!!
ポインタは++/--以外でも扱える
行って戻るポインタ
何も示していないポインタ
コラム 本来の意図がない式
コラム 絶対アクセスと相対アクセス

第7回 短いソースで大仕事!関数で似たコードをまとめる [2008年1月号掲載]

関数を定義しよう
関数の動作をコントロールする
「引数」で動作を安全にコントロールする
「返却値」を使って計算式の無駄を省く
プログラムがかえって肥大化する!?

第8回 ファイルの読み書きでプログラムの実用度アップ! [2008年2月号掲載]

三つ以上のファイルに書き込む
商品リストを三つに分割せよ!
ファイルを直接読み書きする方法
ファイルを読み書きする関数

第9回 ソースを自動で書き換えろ!マクロは忠実な従者になる [2008年3月号掲載]

「不思議なあいさつ」に対応せよ
スイッチとして使うマクロ
メッセージの一部を差し替えるマクロ
引数のあるマクロ
数値でも使えるマクロ

第10回 画像ファイルを読み書き自在 バイナリ・ファイルの入出力 [2008年4月号掲載]

テキスト・ファイルとバイナリ・ファイル
24ビット非圧縮画像BMPファイルとは
バイナリ・ファイルを扱う関数
テキストの100とバイナリの100の違い
「1バイト・データ=char」とは限らない
ピクセルのデータを書き換える
解けた暗号,新たな謎
ミステリー画像を作ろう

第11回 知恵と工夫を総動員してプログラムの「虫」を取る [2008年5月号掲載]

虫取り王を目指せ
技1:気分を転換する
技2:assertマクロを活用する
技3:printfデバッグ
技4:ログ・ファイルを出力する
技5:「デバッガ」でプログラムを覗く
デバッガでステップ実行する
どの方法を使うべきか?
C君のプログラムの結末

最終回(第12回) ヘッダー・ファイルを活用して ソース・ファイルを安全に分割 [2008年6月号掲載]

二つのソース・ファイル
単純に分けるだけではデメリットが大きい
ヘッダー・ファイルによる安全性の確保
委員長の答え
終わりに

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-28 (火) 11:41:30