正誤表

 ここには発見された正誤情報を随時掲載していきます。

C言語教科書【入門編】

p394
しかし、func関数を先に書く流儀もあります。
 ↓
しかし、func関数を後に書く流儀もあります。

p452
ここでは、標準エラー出力に出力するために、fputs関数ではなくfprintf関数を使用しています。
 ↓
ここでは、標準エラー出力に出力するために、printf関数ではなくfprintf関数を使用しています。

採点プログラムで、9章のチャレンジ問題6の解答が誤っていて、問題7の解答がありません。C-Book Marking Tool by autumn Ver 1.1で修正されています。以下をダウンロードしてお使い下さい。

基本はいつもC言語 最終回(第12回)

 正誤情報: 基本はいつもC言語 最終回(第12回) 卒業制作! CSVファイル処理を実践をご参照願います。

実数の書式

 printf関数等の実数の書式指定で、%2.3fのような指定で2が整数部の桁数だという説明を何回か書いてしまい、編集部のチェックも漏れて記事になっています。正しくは、この書式指定の2の部分は全体の桁数であり、整数部2桁、小数部3桁での出力を得る場合は小数点の1文字文も加えて%6.3fと書く必要があります。


添付ファイル: filecbook1_mark11.zip 404件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-20 (火) 15:36:22